「人生を変えるために必要な10の事」
土日なんとなく自宅にいました。
そして、日曜日の日中に家にいると観るTV番組があります。
フジテレビの「ザ・ノンフィクション」

いろいろな事(人)にスポットを当てた番組です。
観ると必ず何かを考えさせられます。
ほぼ必ず涙が出ます。

今日は、競艇学校に通い、
競艇選手を目指す訓練生のドキュメンタリーでした。
1000人以上の中から選ばれた40人。
卒業する時は22人。

全寮制で規律(規範)と訓練の日々。
自由時間も少なく、
せっかく競艇学校に入れたのに辞めていく人。。。
でも、この厳しさを思うと仕方が無いとも思えてしまいます。
とにかく過酷な世界でした。

卒業をしてはじめて、プロ競艇選手としてレースに出られます。
出場できるだけであって、そのレースで勝たなければ・・・

色々な人生があり、色々な人が学校に通っていました。

ただそこに共通するのは、
競艇選手になるという夢と人生を変えたいと思う想い。

携帯禁止、手紙は教官の前で開封。
TVを観て驚くことも多々ありました。
多少のゴツンもあるようでした。

でも、教官の方たちが、
一人ひとりの生徒のことを本当に想ってくれていることが、
TVから伝わってきて、
生徒の立場で観ていても、
教官の立場で観ていても、自然と涙が出てきました。

そのなかでも、
卒業式の教官の表情が特に印象に残っています。

私の小中高の頃は、
このような先生がいてくれた気がします。
この人に怒られても仕方が無い。
そりゃそうだと納得がいく。
悔しくて見返そうと思う。

競艇学校の教官や生徒の方と比べるのは違うのかもしれませんが、
今の自分や、
就職活動をしている学生の方、
すぐに文句を言う(辞めてしまう)若い方、
周りが見えず自分のことだけ、
相手がどう思うか気がつけない方のことなど、
いろいろな事を考えてしまいました。

競艇選手になれれば、一攫千金のチャンスがあります。
だから耐えられるのかもしれません。
でも、それだけではないと思いました。

私も日々の生活の中で、
逃げ出したくなる事も、たまにあったりします(苦笑)
逃げないだけではダメなのだと思いました。
向かっていかなくてはいけない。


番組の中で、
「人生を変えるために必要な10のこと」

1、〈繰り返し〉こそが成功の秘訣となる

2、大切な人のために頑張る

3、すべてを失う覚悟で挑む

4、応援してくれる人の存在を知る

5、自分をごまかさない

6、ちゃんと叱ってくれる人を持つ

7、目の前の小さな目標をたてる

8、やれば出来る!と信じる

9、決してあきらめない

10、簡単に変わったなんて思うな!



これは私の中に響きました。。。

自分でも普段から考えて仕事をしたり、
伝えたい(教えたい)事を伝えられるように、
若い人たちと話をしているつもりでしたが、
もっともっと考え、
実行できるような社会人になりたいとこの歳にして強烈に思いました。

1から10まで実行できる訳ではないと思いますが、
人に好かれる六原則とともに意識していこうと思います。

↓ ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村ポチポチッとクリックお願いします。

-> -> -> -> -> -> -> ->-> ->-> ->
株式会社エイコー  堀部
<- <- <- <- <- <- <- <- <- <- <- <
[PR]
by eicoh_recruit | 2010-08-08 23:58 | 就職活動2011・2012 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eicoh07.exblog.jp/tb/14359937
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 「人に好かれる6原則」 「予約」 >>